○● 2017年8月17日 ○●

ここは、仮想通貨とオンラインゲーム内通貨を考えていくページです。

以前の架空のゲーム(名前だけでゲーム本体がない内容)については削除しました。

私のオンラインRPG制作プロジェクト (https://osdn.net/projects/mkmmorpg/simple/) も、また、プロジェクトの立て逃げとなっておりますが、 私自身は、まだ生きておりますので期待しないで待っててね☆

本日、このページが更新されたのは、戯言を書くためではありません。 今日の昼頃に、仮想通貨事件の一報が日経新聞より飛び込んで来たためです。 (仮想通貨は、何かとお騒がせですね!)

リンク:http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ17H5P_X10C17A8000000/

記事:個人価値売買VALU、ユーチューバー「売り逃げ」騒動

そのVALUというサイト:http://helpscout.valu.is./article/111-2017-08-17

いま初めて知ったので詳しくは無いのですが、 どうやら個人が自由に発行できる、 ビットコインで売買する株式というものだそうです。 記事には「高値で売り抜けた」とあるので、 価格の変動のあるものなのでしょう。

投資に投資目的というのは少数派で、 こういうものの大半は、その短期的な売買差額を狙ってくる投機筋 なのだそうです。 そういう意味では、本物の株式も違いは無いのですが。。。

話は変わるけど、オンラインRPG内のゲーム通貨なんて運営が無制限に発行して プレイヤーに売りつければ価格はどん底まで暴落していくでしょう。 リアルでは、国家や中央銀行が不良債権の処理のために自国通貨を大量に 発行しまくってインフレ、究極にはハイパーインフレになるのと同じです (通貨の価値が下がるということ)。

「自分のとこの運営なんだし、問題ないじゃん?」
「いや、価値が保証されないのは問題だ!」
「価値なんて、ただのデータじゃないですか。」
「売り抜けはルール違反だ!」
「下がるリスクを承知で買ったんでしょ?」

さてさて、問題はどこにあるのでしょうか? いや、問題が明らかであるならば、 このような問題が現在でも繰りかえされるはずは無いわけで・・・。 そういえば、ちょっと昔はインサイダー取引なんて言葉もありましたね。

もし、仮想通貨でオンラインRPGを運用する、 ということをすれば、 この問題は付きまとうだろうと感じました。